B型肝炎ワクチンの現状

当院へのB型肝炎ワクチンの納品は、半月ごとに少しずつ、というのが現状です。
全国的に、まだワクチンは不足(または偏在)していて、十分な流通量は確保されていません。

現在、3回目の接種を急いで打たないと1歳になってしまう(定期予防接種として受けられなくなってしまう)患者さんを優先して、入荷したワクチンを使っております。

ワクチンの入荷量が増えたら、順次予約を受け付けたいと思っています。ご迷惑をおかけいたしますが、もう少しお待ちいただけるようお願い申し上げます。