院長もダニアレルギーによるアレルギー性鼻炎を持っていますし、ハルガヤ・カモガヤのイネ科の雑草によるアレルギー性結膜炎もあります。この症状のつらさ、うざったさは良く分かります。

当院では、下記の検査・治療を行います。

・アレルゲン特異的IgE検査(RAST)

血液検査です。どんな物質にアレルギー症状を起こしそうかの「目安」がわかります。

実際の症状(時期)と血液検査の結果とをあわせて、矛盾が無ければ、それがアレルゲン(アレルギーの原因となる物質)だろうと推測ができます。

アレルギー性鼻炎を確定診断しようとしたら、アレルゲンをしみこませたろ紙を鼻の奥において、アレルギー症状が出るかどうかを見る負荷試験が考えられますが、なかなか一般的な検査ではありません。
まずは血液検査である程度の診断を付けるので良いかと考えます。

 

・皮膚試験(プリックテスト)

皮膚にアレルゲンエキス(アレルゲンを液体に溶かしたもの)を垂らして、針で軽くひっかき、15~20分後の反応(赤くなったり腫れたり)を見ます。

陽性になればアレルギー症状を起こすリスクがあるかもしれません。

花粉と果物を勘違いして、特定の花粉に症状が出る人が、ある果物を食べると口の中などにアレルギー症状が出る「花粉食物アレルギー症候群」では、果物に針を刺して、それで皮膚検査をする「プリック トゥ プリック(prick to prick)テスト」を行います。

 

・舌下免疫療法

スギ花粉症とダニアレルギーに関しては、現在舌下免疫療法が保険診療として認められています。

これは、スギ花粉やダニのアレルギーを起こす蛋白を液体やラムネ状の錠剤にしたものを舌の下に入れて、唾液を1~2分飲み込まずにためておくことで、少しずつ体に取り入れ、アレルゲンに慣らしていく治療です。
初回を外来で行ったあとは、毎日自宅で実施します。最低3年間、できれば4年間続けたいのですが、4年間と5年間の治療終了後の差はほとんどありませんので、まず4年間を目標にするのが良いと思われます。4年間行って終了後、その時点の効果は8年程度はもつようです。

同様にアレルゲンを皮下注射する免疫療法もあるのですが、注射という痛みを伴い、またアナフィラキシーなどの副作用も多いため、舌下免疫療法の方がやりやすいと思います。

スギもダニも、一度始めたら1年を通して継続して行うのですが、スギの場合は、「スギの花粉が飛んでいない時期に始める」という決まりがあります。通常、6月上旬~12月上旬のあいだに開始します。ダニは1年を通していつからでも始めることができます。

効果としては、おおむね10~15%の人には無効で、10%以上の人は治ってしまい、残り80%前後の人は薬が1段階以上少なくてすむ程度に改善します。注射で行う免疫療法に比べると、副作用が少なく安全な分、若干効果が落ちると報告されていますが、決して遜色は無いと思われます。

副作用としては、治療開始から1ヶ月~1ヶ月半の間、薬を内服すると1分程度、口の中や舌がピリピリしたり、耳がかゆくなったり、胃がムカムカする症状がみられます。
がまんできないほどのものではありませんし、慣れてしまうと消えてしまう症状です。
口の中がひどく腫れた、という報告はありますが、治療を休んで抗アレルギー剤を飲むと回復し、その後また治療が再開できた、という報告が多いです。理論上はアナフィラキシーのような重症な症状があっても良いのですが、報告はほとんどありません。

通常、外来で処方される薬は、あくまで「症状の緩和」が期待される程度なので、良くなっても止めれば症状がぶり返すわけです。しかしこの舌下免疫療法は、根本的にアレルギー体質を改善させますので、「治す」ということを目指す唯一(注射による免疫療法を考えれば唯二)の治療法ということになります。

舌下免疫療法は、講習会を受け、試験に合格した医師にのみ処方資格が与えられます。まだ「(医者なら)誰でもできる」治療にはなっていないのですが、決して特殊な治療ではありません。アレルギー学会をはじめとする関係者が、「根本的な治療ができるものだから、大事に実施したい」と考えているだけでしょう。

院長は発売開始からダニの舌下免疫療法を行っていますが、とても楽になりました
スギ花粉症・ダニアレルギーに悩んでいる方は、ぜひ一度前向きに検討していただきたいと思います。
ダニの舌下免疫療法は、2018年2月から年齢制限がなくなりました。スギの舌下免疫療法は、シダトレンは12歳以上ですが、年齢制限のないシダキュアが2018年6月29日発売予定です(国の決まりで、2019年3月いっぱいまで、1回に2週間分までの処方制限があります)。

 

アレルギー外来の紹介へ戻る